(2)「忝い」はどういう意味?

「忝い」には、3つの意味があります。
「恥ずかしい。面目ない。」

過分の恩恵や好意を受けて「身にしみてありがたい」
尊貴さが損なわれるようで「もったいない。恐れ多い」という意味です。

侍と聞けば、たくましく生きるさまというイメージを持っている方も多いはず。
誰かに看病されたり、弱い一面を見られたりするのはプライドを恥じているのでしょう。

まさに、この言葉は侍のためにありますね。
しかし、忝いにはもうひとつ漢字があります。

それが「辱い」という漢字ですが、「忝い」とは違う意味とのこと。
「かたじけない」の意味を区別すれば、「忝い」は「恥ずかしい。面目ない」という意味に。

「辱い」は「身にしみてありがたい」「もったいない。恐れ多い」という意味です。
話すうえでは気にしなくてもいいですが、漢字で書く際は気をつけましょう。
(『広辞苑』より)

(3)「忝い」はじつは違う言葉だった

恥ずかしいやありがたい、恐れ多いという意味で使う「忝い」。
もともとは、このような意味ではなかったそうです。

「かたじけない」は、元来、容貌の醜い意味をあらわす言葉であったらしいです。
なぜそのような意味だったのかは、新訳華厳経音義私記にある「醜陋下猥也。謂容貌猥悪也。猥可多自気奈之。」よりきています。

そこから転じて、相手に対して申し訳ない感情の「かたじけない」が生まれたそうです。
ほかにも説はあるようなのですが、どれが正しいとは言い切れません。
(『広辞苑』より)

相手に恐縮する意味として使われる「忝い」。
醜いという意味があったことには、驚きだったのではないでしょうか。

じつは「ありがたい」の丁寧語でもあるので、日常で使うのも悪くありませんよ。

(恋愛jp編集部)