今回のお題である「傍惚れ」は、一度は経験があるあの状態をさします。
なんと読むのか、あなたはわかるでしょうか?

推理しながら見てみてください。

(1)「傍惚れ」の読み方

“惚れ”という漢字が入っていることから、誰かに惚れていることをさすことはわかりますね。
決して、「そばぼれ」ではありませんよ。

この漢字は「おかぼれ」と読みます!
傍という漢字に苦戦し、漢字自体は簡単なのに読めないということになるのです。

ちなみに、「傍惚れ」は「岡惚れ」とも書きます。
(『広辞苑』より)