聞き慣れない「南氷洋」。
この言葉より違う言葉が聞き慣れていますが、あなたはご存じでしょうか?

もし知らなくても、これを見れば大丈夫ですよ。

(1)「南氷洋」の読み方

簡単な漢字しか並んでいませんが、読んでみると意外とつまずくかもしれません。
まず、氷をどう読むのか悩んでしまうでしょう。

この漢字は「なんぴょうよう」と読みます。
“ひょう”か“ぴょう”のどちらかで悩んだと思いますが、“ぴょう”と読んだあなたは正解です。

これは何をさすのか、次で見ていきましょう。
(『広辞苑』より)