日本には、日本人でも滅多に使用しない言葉が多数存在します。

「睇つ」という言葉も、一般的に使用する機会がない言葉であり、それゆえに読み方がわからないという方も多いでしょう。

そこで今回は、「睇つ」という漢字の読み方や意味についてご紹介します。

(1)「睇つ」の読み方

「睇つ」という漢字、目にしたことがある方はいますか?
目偏に弟と書くこの漢字、初めて見たという方がほとんどではないでしょうか。

音読みは「弟」と同じく「テイ」「ダイ」と読みますが、訓読みは「おとうと」ではありません。
ヒントは、物事を見る際に使われる動詞です。

「睇つ」の読み方の正解は「めかりうつ」です。
読み解けた方は天才かもしれません!
(『広辞苑』より)