上司だって人間ですから「ミス」をすることだってあるでしょう。
ですが、そんな「ミス」を全く認めず部下のせいにする上司もいるようです……

今回は<自分は悪くない>と勘違いしている上司のエピソードをご紹介します。

言い間違え!?

ある夏の日、高齢の上司から「明日のイベントのバイト、〇〇の東店に来れる?」と電話が来ました。
最近は行かない店舗なので「東店でよろしいですか?」「そう、東」「〇年前に行ったきりですが、そこですよね?」「そう!」、確認は済みました。

翌日、現地に他のスタッフはおらず、店舗の人も「そんなイベント知らない」と言います。

疑問に思い上司に電話します、「東店で間違いないですよね?」、上司は電話の向こうで他のスタッフに「ここ何店?」と聞いています。
少し間を空け、「南店だわ、早く来て」と電話を切られました。

私は炎天下の中、1時間かけて真の現地に向かいました。
歳のせいか適当な発言が増えた上司、要注意です。
(45歳/会社員/男性)