学校行事は、親にとっても子どもにとっても大事なイベントですよね。
しかし、中には恥ずかしい思いをしたという方もいるようで…。

今回は、忘れられない参観日の事件をご紹介します。

ようやく観に来たのは…

これは私が小学生だった頃の授業参観での話です。

授業が始まり15分経っても、誰の家族も観に来ず…。
担任の先生もクラスのみんなも少しガッカリしていました。

しかし20分程度経過し、ようやく誰かのお母さんらしき人が!
教室にいる全員で「やった~!」と喜んで手を振っていたんですが、よく見るとその人は私の母でした(笑)

その後しばらく経っても、母以外誰も授業を観に来ず…。
少し恥ずかしかったのを覚えています。
(21歳/アルバイト)