生きていくためにはお金は必要不可欠ですよね。
お金に困り、悩んでいる姿を見ると善意からお金を貸して手助けをしてしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、「衝撃すぎる!実録金銭トラブルエピソード」をご紹介します。

困っていたから…

学生時代の話です。
バイト仲間はホストにはまっていてツケが滞っていました。

バイト中もホストから何度も督促の電話などを受けており、かわいそうになるほどでした。
そこで、私を含む数人のバイト仲間で、前日に貰った給料から合計3万円を貸してあげました。

その子は一日4万円程は稼ぐ子だったので、翌日には今日の給料分で返して貰えるはずだろうと誰もが安心しきっていました。

しかし、その子は翌日にはバイト先に来なくなり、連絡もつかなくなりました。

見かねたバイト先の店長が、「その子の給料分だ」と言って、私たちに貸した3万円を返してくれました。

給料が翌日払いのシステムでよかったと思うと同時に、こういうシステムだから借りるだけ借りて逃げられるな、とも思いました。
(33歳/会社員/女性)