他人と自分の境遇を比べ、落ち込んだり喜んだりしたことのある方は多いでしょう。
しかし中には、「自分がいかに優れているか」をアピールしたくて仕方のない、「マウント女子」がいるようで…。

今回は、「めんどくさい…マウント女子エピソード」をご紹介します。

就職先の話になって…

大学生の時のことです。
仲間内みんなの就活が終わったので、飲みに行きました。

そこで、「どこに就職したの?」という話になりました。
内定先(中小企業)を伝えると、「有名な所じゃん!すごいね!」と一人の子が言ってくれました。

すると、この就職先の話を振ってきた子が「私は○○(大手)だよ」と、食い気味で言ってきました。

「すごいねー!」とみんなで褒めると、「なんか気に入られちゃったみたいでさー、ゆくゆくは企画もやってもらうって言われれるんだよねー」「期待しているよとか言われちゃってさー」と自慢が始まりました。

そして、思い出したように「あ、○○ちゃんの就職先もすごいと思うよ」と言われました。
大手に就職できたことが嬉しかったのだとは思いますが、イラっとしました。
(27歳/専業主婦)