見ず知らずの人の言葉に救われた……、なんて経験はありますか。
今回は実際にあった“見ず知らずの人に救われたエピソード”を3本、ご紹介します。

バスの中をウロウロする子どもに参っていると……

当時5歳と2歳の子どもを連れて動物園の帰り道、バスの中で……。
普段は大人しく過ごせていますが、その日は楽しさと疲れからおかしなテンションになり、バスの中でウロウロしだしました。

申し訳ない気持ちでいっぱいで周りの方に謝罪し、とにかく早く最寄りのバス停についてほしい!と願っていました。

同じバス停で降りたおじいちゃんが声をかけてくれ、途中まで一緒に帰ることに。

おじいちゃんは「おっちゃんの家ここやし、困ったことがあったらいつでも声掛けや」と温かい言葉をかけてくれ、すごく嬉しかったです。

今でもおじいちゃんの家の前を通りますが、今思春期で大変で……と心の中で報告しています。
(30代/医療関係/女性)