日常生活を送る中で突然、警察沙汰に巻き込まれた……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“警察沙汰エピソード”をご紹介します!

警備のアルバイト中に……


私は学生時代、興味があって警備のアルバイトをしていました。
従業員の方は丁寧で優しく、女性である私にとてもよくしてくれました。

ある時、学校での警備の依頼があり、土日に1人で仕事をすることになりました。

SECOMのセキュリティがかかっているので、解除方法を伺い業務をしていたのですが、インターホンが鳴り……。

「不審者通報があったのですが」と、警察に囲まれました。
なんと、不審者は私だったのです。

その日はなんと工事のない日で、警備がお休みの日でした。
それを知らされておらず、大事に。

すぐさま従業員の方が来てくださり、解決になりました。
あれほどヒヤッとした経験は、以降ありません。
(21歳、アルバイト、女性)

自分が疑われるとは……

警備のアルバイト中に起きた事件……。
不審者がいないか見回る仕事なのに、自分が不審者と思われてしまうなんてビックリですね。

幸い、すぐに解決したので、警察署に連行とはならなかったようです。
ですが、従業員の方が来てくれなかったら……と思うと、ヒヤッとしますね。

以上、日常で起こった事件でした。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)