ファッションやネイルなどのオシャレは、誰だって自分好みに自由に楽しみたいもの。
しかし、もし自分のファッションに対して他人から理不尽な価値観を押し付けられたら……?

今回は、読者から寄せられた「価値観の押し付けにモヤモヤしたエピソード」をご紹介します。

私のネイルを見た彼から……


ある日、私が家のパソコンで大学のレポートを書いている時のことです。
当時同棲していた彼氏が私のスカルプネイルを見て、「そんなに爪が長いと、キーボードを打つ時に邪魔じゃない?思っているほど男ウケもよくないし、する必要ある?」と言ってきました。

私は自分の気分を上げるためにネイルやオシャレを楽しんでいます。
「男ウケ」という言葉を使って否定されたのは、とても心外だったと同時にイラっとしました。

(21歳/専業主婦/女性)

価値観は人それぞれ

彼からすれば、ネイルは男ウケを意識したものだという認識なのかもしれません。
しかしネイルをしているからといって、すべての人が「男ウケ」を狙っているわけではありません。

自分の価値観だけで物事を見るのではなく、みんなそれぞれ違った価値観を持っているということを意識したいものですね。
皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)