女性にとって生理痛は日々の暮らしにかかわるとても重要なこと。
痛みの緩和を目的にピルを飲んでいる人も多いですよね。

でもピルの使用について理解不足の方が多いのも事実…。
そこで今回は、ピルに関するモヤモヤしたエピソードをご紹介します。

母親から…

生理痛がひどくて婦人科に行ったところ、ピルを勧められました。
市販の痛み止めでも効かないので、飲むことにしました。

母親にピルを飲んでいることを伝えると、避妊のイメージが強いらしく、びっくりされました。
ピルは避妊薬としか理解していなくて……。

また、私が生理痛で苦しんでいると、母親は「生理は病気じゃないから大丈夫!」と言って、わかってくれません。
実際、私は卵巣嚢腫と診断されているので、単なる生理痛だけではなく、婦人科の病気が隠れている可能性もあるのです。

とくに年配の人はピルや生理の認識が浸透していないと思い、悲しくなりました。
(36歳/フリーランス/女性)