普段の日常生活で、警察と関わる機会はあまりないかもしれません。
ですが中には、いつも通りの生活をしていただけなのに、犯罪者と疑われた人もいるようで……。

そこで今回は、実際にあった“警察沙汰エピソード”をご紹介します!

同僚の子どもを迎えに行ったら……

急な予定変更で動けなくなった同僚に頼まれて、小学生の娘さんを学校に迎えに行きました。
学校へは同僚が連絡を入れていたため、問題なかったのですが……。

事務所へ戻る道中、すれ違った警察官に職務質問をされました。
事情を説明するも、まったく相手にされません。

同僚も会議に入ったため、確認の連絡が繋がらず……。
そのまま警察署まで、連れて行かれました。

署に着くと以前、別件で関わったことのある警部さんと出会い、事情を聞かれました。
すると取り調べなどもなく、解放されました。

署を出ると警部さんが待っていて、謝罪を受けました。
(28歳/男性/障がい福祉事業所)

親切があだに……

同僚の娘を迎えに行ったら、犯罪者だと間違われた事件……。

親切心で子どもを迎えに行ったのに疑われてしまうなんて、ショックを受けてしまいそうです。

たまたま面識のある警察官がいたから、よかったものの……。
警察も犯罪対策のために、必死だったのかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)