気軽に送れるLINEは、今や無くてはならないコミュニケーションツールですよね。

しかし中には、相手の気持ちを無視した一方通行のLINEを送ってくる方もいるようで……。

今回は実際にあった“ドン引きLINEエピソード”をご紹介します!

送られてきた画像は……

以前働いていた会社にいた5つ年上男性の話です。
彼のことは同僚としてはいい人だと思っていましたが、まったくタイプではなく……。

そのためデートの誘いを受けても、当たり障りのない会話ではぐらかしていました。
しかし、日に日にLINEの頻度は増すばかり。

彼とのやりとりに、かなり疲れていました。
そんな時、彼から1枚の画像が。

見ると、そこには私の名前入りラインスタンプの購入完了画面のスクショでした……。
いったいどういうアピールだったのでしょうか。

なぜ彼が私の名前入りのスタンプを買ったのか、そしてそれをいつ誰に使うつもりなのか……。
本当に謎です。
(28歳/会社員)

謎でしかない……

自分の名前ではなく、投稿者さんの名前入りスタンプを購入する理由がわかりません……。
おまけに購入したことを、わざわざスクショで送ってくるなんてゾッとするのは当たり前。

気を引きたいがゆえの行動なのかもしれませんが、かえって逆効果……。

ゾッとするようなLINEを送ってくるような相手とは、うまくフェードアウトしたいものですね。

以上、“ドン引きLINEエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)