予想だにしない出来事から警察沙汰になった……、なんて経験はありますか?
中には信じられないような出来事を目の当たりにした方もいるようで……。

今回は実際にあった“予想外の事件エピソード”をご紹介します!

扉を閉めようとしたら……

私が数年前に経験したエピソードです。
ある日曜日のこと。

宅配便の対応をしていたのですが、対応が終わり玄関を閉めようとしたときに投資用マンションの営業マンがやってきました。

まんまと引っかかってしまった私。

最初は「アンケートを回答して欲しい」ということだったのですが、知らぬ間に投資用マンションの内覧の予約をさせられていました。

後日、勝手に営業マンとともに上司が来ることに……。

その日は居留守を使っていたのですが、「契約書まで作っているのでサインをしろ」と家の前に居座ったり、玄関に契約書一式を張り付けるなどのイタズラをされました。

投資用マンション詐欺自体は、消費生活センターへ連絡。
居座りや玄関に対する張り紙に対しては、器物損壊などで警察に連絡をし、現場を押さえてもらいました。
(39歳/会社員/男性)

衝撃的……

ガツガツ勧誘されると、なかなか断りづらいもの。

しかし同意もないまま勝手に予約を取られていたり、さらには玄関にイタズラまでされると黙ってはいられませんよね。

然るべきところにそれぞれ通報した投稿者さんの落ち着いた行動に拍手!

トラブルに巻き込まれると、ついアタフタしてしまいがちですが、一度冷静になり落ち着いて対処することが大切なのかもしれませんね。

以上、“予想外の事件エピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)