人生の中で一番の買い物になる住宅。
ローンも高額になるので、両親や義両親からの資金援助はとてもありがたい話です。

しかし、ことが進むと最初に言ったことと矛盾してしまうことも……。
今回は実際にあった“義実家金銭トラブルエピソード”をご紹介します。

言っていることが矛盾していませんか……?

義両親と二世帯住宅を建てる事になったため、計画を立てる中、アパート経営もしている義両親は「一部屋分のアパート代をあなたたちのローン返済にあてていいから、その分のお金は貯金しなさい」と言ってくれていました。

いざ家を建ててローン返済になった時に「あなたたちでローンを払いなさい」と全然話が違って、お金関係の話で義両親の話はそれから一切信じなくなりました。
(35歳/主婦)

軽々しく言わないで……

言われたほうはとても嬉しい上、期待してしまいます。
そのつもりで動く予定をしていたものの、直前になって条件を変えるのはあまりにも酷です……。

しかし計算したら、その当時はよかったのかもしれませんが、貫き通してほしかったですね……。
以上、住宅ローンの返済を巡り義実家とトラブルになった話でした。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)