予想だにしない出来事から警察沙汰になった……、なんて経験はありますか?
中には信じられないような出来事を目の当たりにした方もいるようで……。

今回は実際にあった“予想外の事件エピソード”をご紹介します!

嫌な予感がして……

以前住んでいたアパートでの話です。
住んでいたのは4階で、鍵は二重ロックタイプということもあり、防犯面は心配していませんでした。

当時は仕事が忙しく、毎日夜遅く帰宅する日々。
ある日、いつものように鍵を開けようとすると、なぜか鍵がすでに開いていました。

嫌な予感がし、恐る恐る部屋に入ってみると、朝の光景からは様変わり……。
部屋がぐちゃぐちゃに散らかっていました。

そう、泥棒が侵入したのです。
警察を呼び、盗まれたものを確認したところ、幸いにも盗まれたのは宝くじだけでした。

その時に警官から、「大切な夢を盗まれましたね」と一言。
今でもその言葉が忘れられません。
(40歳/主婦/女性)

夢は盗まれたけど……

帰宅して鍵が開いていたら、気が動転してしまいそう……。
投稿者さんが毎日遅い時間の帰宅だと分かったうえでの犯行だったのでしょうか。

「大切な夢」は盗まれてしまいましたが、投稿者さんの身に危険がなかったのは不幸中の幸いかもしれません。

日頃から「まさか!」の事態に備えて、防犯対策をしておくことが大切なのかもしれませんね。

以上、“予想外の事件エピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)