一生懸命働く旦那さんが、もし朝になっても帰ってこなかったら不安を覚えますよね。

その上、連絡がつかないとなると余計不安になることも……。

しかし、連絡がつかず警察にお世話になることもあるようで……。
今回は実際にあった“警察沙汰エピソード”をご紹介します。

連絡がつかない旦那を心配し警察を呼ぶも……

主人の話です。

飲食業で働く主人は帰りが深夜帯になることが多く、帰りがいつごろになるか連絡しても返信はありませんでした。

そんな日々を過ごしておりました。
ある日のこと、朝になっても帰ってこず、何度着信を鳴らしても出てくれません。

義母に連絡をして、義母も電話をかけてくれましたが出ず……。
働いているお店にかけても出ず、店長の名前も知りませんでした……。

以前、頭が急に痛くなるという症状を頻繁に夫は訴えていたので、「もしかしたら店で倒れているかもしれない……」と思い、義母と相談をした結果、警察を呼んで店に見にいってもらいました。

私が店に駆けつけられなかった理由は生後間もない双子がいたからです。
警察に駆けつけてもらった結果、店の奥で主人は爆睡していたそうです……。
(30歳/保育士)

とりあえずひと安心……

本人はもちろん、お店にも連絡がつながらない事態は本当に焦る上、心配になってしまうのも無理ありません。

頭痛を訴えていた件もあれば、心の中は穏やかではななかったはず。

ただ爆睡していたという状況が把握できただけでも、まずは安心だったでしょう。
以上、連絡がつかず警察を呼ぶもお店で爆睡していた夫の話でした。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)