大人になると空気を読み、自然と気を遣うことも多いでしょう。
そんな中、正直に言う子どもの発言には焦りを覚えるも、内心は嬉しかった……なんてことはありませんか?

今回は実際にあった“義実家でのスカッとエピソード”をご紹介します。

不機嫌な義母を見て娘が衝撃なひと言を言うも……

悪い人ではないのかもしれないけれど、義母は何か嫌なことがあるとそれを周囲に当たり散らします。

まわりに全然関係のないことで怒っていても、不機嫌オーラを全面にだす人です。
そのため、義母の機嫌を損ねないように言動には気をつけて過ごしていたある日のこと……。

この日も何かあったらしく不機嫌オーラ全開でした。
何があったのかわからず「嫌だなぁ……」と思っていました。

節分の日に3歳になる娘が、「ばぁば何かあったの?お顔が怖いよ?鬼さんみたい」といって、「鬼は外!」と豆をぶつけたのです。

その発言に焦ったものの、少しスッキリしました。
(36歳/主婦/女性)

子どもは正直!

これは一瞬、背筋が凍りそうになるも、子どもは素直ということがわかりますね。
孫に言われたことで義母も反省し、相手に気を遣わせていたことを知ってほしいところです。

嫁姑関係の上、不機嫌となると地雷を踏まないよう神経を使い、こっちがしんどくなりますよね……。
反面教師にして、自分のイライラをコントロールできる大人になりたいものです。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)