女性だからという価値観に、モヤモヤとした経験はありませんか?
一般的に女性だからこうする……という暗黙のルールがありますよね。

時代の流れによって変化してほしいルールも、たくさんあるもの……。
今回は、読者から寄せられた「就活に関するモヤモヤエピソード」をご紹介します。

面接で言われた言葉は……

ヒールに慣れていない私にとって、就活中のヒールは歩きにくく痛くて辛かったので、面接会場の近くまではスニーカーで行き、ヒールに履き替えることに……。

スニーカーを持っているため荷物が多くなり、男性の採用担当者に「荷物多いね、何持っているの?」と聞かれました。

正直に答えたところ、「女の子なのにヒールに慣れてないの?女の子ならヒール履くのは普通だと思うけど、もしかしてオシャレとかしないの?」と笑われてしまいました。

足が痛くても女性はヒールを履くのが当然だ、という考えにモヤモヤしました。
(36歳/主婦/女性)

オシャレにヒールは関係ある?

オシャレとして、スニーカーが好きな女性もいれば、ヒールが好きな女性もいますよね。

男性の採用担当者は、「女性は、オシャレをするためにヒールを履く」という価値観を持っていたようですが、実際に言われるとモヤモヤするもの……。

オシャレに関係なく、ヒールが苦手な女性がいることも、知ってほしいですね。
皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)