若いころはあまりお金がなく、苦労をすることも多いでしょう。
貯蓄をしたくても時間がかかり、なかなか前に進めなかったりすることも……。

そんなとき、義両親が手を差し伸べてくれ、厳しい状況を打破できたとしたら……。

今回は実際にあった“思わぬお金に救われたエピソード”をご紹介します。

家を借りられず困っていると……

結婚したてのころでした。
賃貸を借りようとしたのですがまだ若かったため、先立つものがなかなか工面できずにいました。

するとお姑さんが「少し家業を手伝ってくれれば援助するよ」と言ってくださり、小さい子を育てながらでも無理なくできる程度にお手伝いをしながら援助を受けました。

とても助かった記憶があります。
今あるのも旦那の実家のご両親がいらっしゃるからと感謝しています。
(46歳/アルバイト/主婦)

感謝……

家業を少し手伝ってくれればという条件も、お金をもらう側が気を使わないようにする配慮だったかもしれませんね。

困っているときはお互いさまと思い、手を差し伸べられるようになりたいものですね。

以上、義両親への感謝であふれたエピソードでした!
皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)