幸せを感じるはずの、大好きな人からのプロポーズ。
ですが中には、結婚後の未来をイメージして気持ちが落ち込むこともあるようで……。

そこで今回は、実際にあった“結婚前事件エピソード”をご紹介します!

マリッジブルーの彼女に……

5年付き合っていた彼氏から、念願のプロポーズを受けた友人。

さぞ喜んでいるだろうと思ったら、その後から環境の変化、お金の不安、彼で本当にいいのかなどあれこれ考えていて……。

ひどく落ち込んで「彼と結婚するの、やめようかな……」とまで言い出したのです。

いわゆる、マリッジブルーです。

私は友人に「その気持ちを全部、婚約者さんに話したら?試すわけじゃないけれど、その対応であなたも結婚か婚約か踏み切れるでしょ」とアドバイス。

彼は友人に「結婚は女性にとって大きなことだから、不安になるのは当然。そんなときの君を守りたくて、プロポーズしたんだ」と言ってくれたそうです。
友人は号泣。

結婚式での友人は、とても晴れ晴れしていました。
(36歳/パート)

思わず……

マリッジブルーになった彼女の気持ちを、丸ごと受け止めてくれた彼……。
優しい彼の言葉に、思わず感動してしまいそうです。

彼女は不安を解消してくれる懐の広い彼に、惚れ直してしまったのかもしれませんね。

結婚前に起こった事件を解決した、心温まる話をご紹介しました!

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)