免許取り立てのころは、車を運転することが楽しく、あちこちに行く人もいるでしょう。

ところが、あまりの嬉しさから予定になかった高速にうっかり乗り、お金が足りず焦ってしまうことも……。

しかし、あるお金に救われ危機を脱した人もいるようで。
今回は実際にあった“思わぬお金に救われたエピソード”をご紹介します。

誤って高速に乗りお金が足りず……

免許取り立てで、親の車を借りて1人ドライブをすることに。
そして、まさかの高速に乗ってしまいました。

当時はまだETCがついていなかったので、現金で払おうとしたところ、なんと100円足りない……!

高速にうっかり乗ってしまったドキドキ感と、後ろに車もいたことによりパニックになってしまいました。

しばらくして、親がお釣りなどの小銭を収納スペースに入れていたのを思い出し、かき集めると100円になりそれで支払いました。
(27歳/会社員)

両親に感謝……!

お金が足りない上、後続車がいる状況はピンチだったでしょう……。
しかし、両親が小銭を置いている場所を思い出し、その場を乗り切れたのはよかったですね。

もし両親の車を借りずに違う車で行っていたらと思うと、これ以上に苦い経験になっていたかもしれませんね……。

以上、初めての1人ドライブでピンチになるも思わぬお金で切り抜けた話でした!

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)