困っているときに頼るのは、両親だったり恋人だったりします。
しかし、中には誰にも頼れず、困り果ててしまうことも……。

そんな中、意外な人物に助けてもらった人もいるようで……。
今回は実際にあった“思わぬお金に助けられたエピソード”をご紹介します。

体調を崩した私を心配し後輩たちが……

私は初任給で、大学の1つ下の後輩たちにプレゼントをしました。
和風のなかなか値の張る手鏡で、全員すごく喜んでくれました。

それから翌年の3月、つまり初任給でプレゼントを渡して約1年後、体調を崩して1ヶ月休むことに……。
有給休暇を使える空気ではなく、実家と折り合いが悪いので実家にも行きづらく、1人暮らしのアパートで途方に暮れていました。

そんな中、後輩たちが「今度は私たちが初任給で先輩にお返ししますね」と、なんと皆でお金を15万円だしてくれたのです。
手鏡代より高いはずでしたが、そのお金のおかげで休めて仕事にも復帰できました。

その後、後輩たちには改めてプレゼントを渡しましたが、当時のことは感謝してもしきれません。

(36歳/パート)

心温まる……

初任給で後輩たちにプレゼントをする体験者さんもステキですが、後輩たちもステキすぎますね。
こうした心遣いは、そう簡単にできることではないでしょう。
仕事にも復帰できた体験者さんの深い感謝が伝わってます……!

以上、初任給でプレゼントした後輩たちに助けられたステキな話でした。
皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?


※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)