結婚式の醍醐味といえば、新婦さんが着るウェディングドレス。
華やかなデザインに見惚れますが、これから式を考えている人は興味津々でしょう。

しかし、自分の着たドレスを査定するかのようにLINEで根掘り葉掘り聞かれたら……。
今回は実際にあった“ドン引きLINEエピソード”をご紹介します。

ウェディングドレスについて執拗に聞いてくる友人……

家族婚だったため、親しい友人と大学時代のサークルのメンバーにだけ結婚報告をしました。
その中で、やけにウエディングドレスに関して聞いてくる友人が……。

どんな形か、どこのブランドか、買ったのかレンタルなのか、費用はいくらだったのか、あまりにも根掘り葉掘りだったので、グループLINEを既読無視していたところ、今度は個別で連投してきたのです。

狂気じみた質問のラッシュに、背筋が寒くなりました。
グループのメンバーがなだめてくれたものの、翌朝「で、いくらだったの?」の追撃が来たのを最後にこちらからはブロックしました。

(35歳/主婦)

聞きすぎでは……?

形、ブランドまでなら理解できるものの、費用までは聞きすぎのような……。
その上、グループLINEや個別LINEでの連投も少し怖いですよね……。

聞くなら参考程度に、軽く聞く程度に留めるようにしたほうがいいでしょう。

以上、LINEで根掘り葉掘りウェディングドレスを聞いてくる友人の話でした。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)