PMS(=月経前症候群)とは、生理前に現れるさまざまな不快な症状のことです。

普段は気にならないことに猛烈にイライラしてしまう……といった精神的な症状や、朝起きられない、疲れやすくなる……といった身体的な症状など、心当たりはないでしょうか。

そんな仕事やパートナーシップにも支障が出てしまう、厄介な「イライラ」について。
「PMSへの苛立ちエピソード」を元に対処法を一緒に考えてみましょう。

〈記事監修医師プロフィール〉
はらメディカルクリニック(不妊治療専門クリニック)』院長の宮﨑薫
ノースウェスタン大学産婦人科(米国シカゴ)研究助教授を経て、帰国後は生殖医療専門医として「最先端の医療で、最短の妊娠を」という方針のもと、患者様それぞれの身体の状態、さらには社会的状況などに応じて、患者様一人一人に合った治療にあたっている。

PMSだとわかっていてもイライラが止まらない!

そもそもなぜ、生理前にイライラするの?

お悩みの方のように、生理前になるとイライラしてしまい……

パートナーにきつくあたってしまったり、仕事中に不機嫌な態度をとってしまったり。
そしてそんな自分に嫌気がさしたり……

多くの女性が一度は経験したことがあるかもしれませんね。
では、PMS特有のイライラはなぜ起こってしまうのか?

妊娠していない女性の場合は徐々に女性ホルモンが低下することで次の生理を迎えるため、女性ホルモンが低下することでPMSがおこります。
女性ホルモン値がもともと高い人ほど急激に下がるため、気分のむらが大きくなる結果に。
またイライラには血糖値の急激な変化、ビタミンやカルシウム不足との関連があると考えられています。

誰が悪いわけでもなく、そういう仕組みだということを男女ともに理解し、根性論で片付けないようにしたほうがいいでしょう。