皮膚を守るために、男女問わずある「体毛」。
毛に対する考え方は人それぞれですが、悪気なく相手を傷つけてしまう人もいるようで……。

今回は、読者から寄せられた「脱毛に関するモヤモヤ体験談」をご紹介します。

嫌味……?


当時10代後半、親戚一同で集まったときの話です。
しばらく会っていなかった伯父さんに、「○○ちゃん大きくなったね~。でも腕の毛ふさふさだね~。大人になったら女はきれいにしないとだめだよ~」と腕をさすりながら言われました。
とっさに、「やかましいわ!」と笑いながら言い返しましたが、とても嫌な気持ちになったことを覚えています。

「女はきれいに」というのは、価値観の押し付けだと感じました。
数年たった今でも、思い出すとモヤっとします。

(29歳/会社員/女性)

モヤモヤ……

伯父さんは悪気なく言ったのかもしれませんが、皆の前でわざわざ毛について指摘しなくても……。
数年経った今でも思い出すという投稿者さん。
笑って言い返したとはいえ、言われたときのショックの大きさがうかがえます。

「体毛はない方がきれい」と思うのも、「体毛はそのままにしとく」のも、考え方は人それぞれ。
相手を嫌な気持ちにさせてしまう価値観の押し付けは、しないよう意識したいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)