生きていくためにはお金は必要不可欠。
しかし、長い人生のなかで思わぬ出来事からお金に困る可能性は、誰しもあるのではないでしょうか。

そのようなときに予期せぬところからお金が舞い込み、救われることもあるようで……。

今回は実際にあった“思わぬお金に救われた体験談”をご紹介します!

父から渡された通帳は……


20代前半のころの話です。
父が余命数ヶ月と診断されました。

本人には告知をしていなかったのですが、長くないと薄々感じていたのでしょう。
お見舞いに行ったある日、父から通帳を渡されました。

見ると私名義の通帳で、少しずつコツコツと入金が……。
その後すぐ父は亡くなったのですが、大きい出費があるときにはそのお金から使って、戻してということを繰り返しており、金額は通帳をもらったときのままになっています。

10年経った今、私にも子どもがおり、もしものときのためにこの通帳はとっておこうと思っています。
父に「ありがとう」と伝えたいです。

(35歳/専業主婦)

感動……

投稿者さんのためにコツコツとお金を貯めていたお父様。
家族の絆を感じる素敵なエピソードですね。

お父様の気持ちがたくさん詰まった通帳を大切に使う投稿者さん。
その気持ちは、きっと天国のお父様にも伝わっているのではないでしょうか。

以上、“思わぬお金に救われた体験談”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)