結婚が決まると意識するのが、義実家との付き合い方ではないでしょうか。
義両親とは円満な関係を築きたいところですが、最初は緊張してうまく振る舞えないことも多いかもしれません。

中には、思わぬ言動をしてしまい、その場を凍りつかせた方もいるようで……。

今回は実際にあった“結婚前の失敗エピソード”をご紹介します!

帰り際に……


夫の実家に結婚のご挨拶も兼ねてお邪魔した際のこと。
夜間に吹雪の予報が出ていたこともあり、宿泊する予定で少し多めの荷物を持って行きました。

ご挨拶も終わり、楽しく夕食も終え一安心。
翌朝帰るときに、持ってきた多めの荷物を持って玄関先で「大変お世話になりました!」と振り返ったところ、荷物が近くにあった花瓶にぶつかり倒してしまいました。

幸い花瓶は割れなかったものの、周囲は水浸しに……。
引きつった義母の顔は、いまだに忘れられません。

ささいなことですが最後の最後に失敗してしまい、以来花瓶を見ると必ず思い出してしまいます。

(40歳/専業主婦/女性)

動揺……

挨拶も無事に終わり、少し気が抜けてしまったのでしょうか。
思わぬハプニングに動揺するのも無理はありません。

いまだに引きつった義母の顔が忘れられないほど、その場はピリっとした雰囲気だったのでしょう。

もし失敗したとしても、慌てず落ち着いて行動することで、与える印象は変えられるということをおぼえておきたいものですね。

以上、“結婚前の失敗エピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)