気軽に送れるLINEは、今や無くてはならないコミュニケーションツールですよね。
しかし中には、相手の気持ちを無視した一方通行のLINEを送ってくる方もいるようで……。

今回は実際にあった“衝撃的なLINEエピソード”をご紹介します!

教えていないのに……


コンビニでバイトをしていたときの話です。
本社から偉い方が視察に来ており、なぜか店長から説明をしたり付き添い案内をする役を頼まれた私。

本社の偉い方ということもあり、笑顔をつねに心がけ、とても気を遣って丁重に接していました。
その夜のこと。

どのように調べたのかわかりませんが、そのお偉いさんからLINEが届きました。
開いてみると、「あなたの気持ちはわかりました。付き合ってあげてもいいですよ」といったメッセージが……。

私の頭には「なんで?どうして?」と、はてなマークしかでてきませんでした。
結局そのLINEは見なかったことにし、スルーしました。

(46歳/主婦)

恐怖……

投稿者さんの気遣いや笑顔を勘違いしてしまったのでしょうか……。
教えてもいないのにLINEでメッセージが送られてくるなんて怖すぎます。

おまけに「付き合ってあげてもいいですよ」という謎の上から目線な発言にも困惑……。
教えてもいない相手からのLINEは、見なかったことにしておいた方がトラブル回避になるかもしれませんね。

以上、“衝撃的なLINEエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)