だれかの優しさや温かさに、感動を覚えたことがある人は多いでしょう。
中には、はるか昔のことだけど、いまだに忘れられない体験があるという人も……。

そこで今回は、実際にあった“感動エピソード”をご紹介します!

受験前にもらったのは……


私が高校生のときの話です。
大学受験を控え、不安を抱えていた私。

周囲から見ても、焦った様子に見えていたと思います。
ある友人が「きっと大丈夫」という手紙とともに、詩が書かれたポストカードを手渡してくれたのです。

口で「大丈夫だよ」と言ってもらう以上にとても嬉しく、「本当に私のことを思ってくれているんだな」と感動しました。
その後、大学には無事合格しました。

今でもその手紙は大事にとってあります。
ポストカードは部屋に貼って、つらいときに元気をもらっています。

(30代後半/元介護職員)

持つべきものは……

大学受験で焦っていた相談者さんに、手紙とポストカードを渡してくれた友人……。

時には、口で言われるよりも、手紙やカードの方が気持ちが伝わることもあるもの。
大切な人に伝えたいことがあるときは、手紙に書いてみてもいいかもしれません。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)