一生の思い出になったという人も多い、結婚式。
中には、感動する思い出を作り上げるために、努力している裏方スタッフも多いようで……。

そこで今回は、実際にあった“結婚式の感動エピソード”をご紹介します!

突然の晴れ間に……


ウェディングプランナーをしていたときのこと。
最も印象に残っている結婚式で起こった出来事です。

長い遠距離恋愛を実らせ、結婚に至った新郎新婦。
その馴れ初めを演出することが最大の見せ場で、テラスで行う予定でした。

しかし、当日は雨が降ってしまい、仕方なく披露宴会場で行う段取りをとっていました。
ところが、演出のタイミング直前で雨が上がってくる気配が。

スタッフ総出でドレスが濡れないように、急いでテラスの床を拭きました。
演出のタイミングには、なんとお日様が顔を出すという奇跡が起きて、演出をさらに盛り上げてくれたことを覚えています。

きっといい披露宴として新郎新婦の記憶にも残ったことだと思います。

(45歳/主婦)

願いが通じて……

テラスで行う演出のため、急いで濡れた床を拭いた式場スタッフたち……。
「なんとしてもいい結婚式にしよう!」という心意気が、伝わってきそうです。

本番では晴れ間も見え、素敵な演出になったのだとか。
新郎新婦やスタッフの願いが通じたのかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)