女性特有の生理の大変さ。
同じ女性同士でも、生理の悩みを相談することに抵抗感があるかたもいるでしょう。

人によって生理の悩みもさまざまなこともあり、デリケートな話題でもありますよね。

今回は、読者から寄せられた「生理に関する感動した体験談」をご紹介します。

友達が待っていてくれて……


高校生のときの話です。
全校朝礼の日、朝から移動のときに限って生理が始まってしまい、一人トイレでお腹の痛みに苦しんでいました。

やっと痛みが治まったので朝礼に行こうとしたところ、トイレの外で友達が待っていてくれました。
「どうして先に行かなかったの?」と聞くと、「私も生理の辛さはわかるし、一人で行くよりも二人で行ったほうが不安じゃないでしょ?」と笑顔で言ってくれて……。

友達の優しさに心から助けられ、感動し、感謝の気持ちでいっぱいでした。

(38歳/主婦/女性)

優しさに救われる……

生理痛で苦しいとき、友達が寄り添ってくれたことに感動した投稿者さん……。
不安な気持ちに気づき、ずっと待っていてくれた友達は素敵なかたなのでしょう。

なかなか周りに相談しにくいデリケートなことだけに、友達の優しさに救われますね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)