女性だから……男性だから……という言葉に、モヤモヤとした経験はありませんか?
男女によってイメージを固定されると、嫌な気持ちになる人もいますよね。

今回は、読者から寄せられた「価値観に関するモヤモヤ体験談」をご紹介します。

他の仕事もあるのに……


町内会で役員を任されたときのことです。
毎月1回程度の会議やお祭りの委員、運動会の運営など、かなり盛んに活動している地域だと思います。

おおよその役員家庭は、会議に夫(男性)が出席していました。
しかし、我が家は仕事の都合で、私が参加せざるを得ない状況でした。

会議のお茶出しや会場のセッティングをするときは、必然的に女性の私に仕事が回ってきました。
にもかかわらず、普通に役員の仕事も他の方と同じ内容を任されることも……。

男女の不公平を感じずにはいられませんでした。

(48歳/主婦/女性)

昔からのルール……

お茶出しなどは、女性がする仕事だという価値観が根付いている町内会だったのでしょう。
昔からの暗黙のルールが、そのまま受け継がれているのかもしれません……。

性別で仕事を決めつけるのではなく、手の空いている人で振り分けると不公平感はなくなるかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)