誰かの言葉や言動に、感動を覚えたことがある人は多いでしょう。
中には、はるか昔のことだけど、いまだに忘れられない体験があるという人も……。

そこで今回は、実際にあった“感動エピソード”をご紹介します!

同級生とのトラブルで……


息子が小学生のときに、同級生の女の子が持ってきた腕時計を、友だちと壊したことがありました。
その時計はお母さんから借りてきたもので、それもお父さんからプレゼントされた大切なものだったようです。
そのお母さんからは、怒りの電話が来ました。

謝った上で弁償する旨を伝えると「そういう問題じゃない!」と追い返されました。
悩んだ私たちは担任の先生に相談したところ、面談することに。

当事者の児童たちと、親たちが揃ったところで担任の先生が「壊したことは悪いことだけど、持ってきてはいけない時計を持ってきたことも悪い!」と一喝したのです。
両成敗という形で解決し、先生のかっこよさに感動しました。

(52歳/パート)

安心して……

トラブルに対して、毅然と対応した担任の先生。
悪いことを悪いと指摘しないと、自分の非に気づけないものかもしれません……。
はっきりと言ってくれる先生なら、安心して子どもたちを任せられそうですね。

学校で経験した、感動する話をご紹介しました!

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)