日頃、恥ずかしくて言えない感謝を両親に伝えるいい機会でもある結婚式。
楽しさだけでなく、感動ももらえるため、その場にいるみんなが幸せな気持ちになれるのかもしれません。

式終盤にある新郎新婦からの手紙に涙したことがある方は多いのではないでしょうか。

今回は実際にあった“結婚式での感動エピソード”をご紹介します!

母のスピーチに……


友人の結婚式でのエピソードです。
友人(男)は、父親が学生時代に事故で亡くなり、母親が1人で友人と弟の2人を育てていました。

結婚式は通常、最後は新郎のお父様の挨拶で終わることが多いと思います。
しかし、その時は新婦のお父様のはからいで、新郎のお母様の挨拶で終わりました。

その挨拶のスピーチが、とても感動的だったのです。
結構やんちゃをしていた友人だったため、いろいろと苦労をしてきたこと。

お父様が亡くなった後、生活への不安だったりどうしてよいか分からなかったこと。
いろいろとあったけれど、この日を迎えられて本当に幸せといった内容で、とても感動しました。

(41歳/会社員)

感動……

女手一つで子どもを育てあげる大変さは、想像以上のものでしょう。
今までの苦労が思い出されたとともに、結婚式での息子の幸せそうな姿に母として思うこともあったのかもしれません。

新婦のお父様のはからいから、両家が家族を大切に思っていることが感じられる素敵な式だったことがうかがえます。
家族の絆が感じられる素敵な式は、こちらまで心が温かくなりますね。

以上、“結婚式での感動エピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)