気軽にやりとりができるLINE。
ですが中には、相手から送られてきたLINEのメッセージに恐怖を覚えた人もいるようで……。

そこで今回は、実際にあった“衝撃的なLINEエピソード”をご紹介します!

友人たちと遊んでいると……


中学2年生のとき付き合っていた彼氏は、束縛が激しい人。
男の子とのLINEはすべて消されてしまいました。

あるとき、クラスで花火をするということでグループLINEが作られたので入ることに。
しかしグループLINEにも男の子がいるので、彼氏にキレられました。

どうしても行きたかった私は、待ち合わせ場所と時間を友だちに聞いて、彼に内緒で行きました。
ですが、お開きにするというときにLINEが鳴ったのです。

「なんで花火に行っているの」「ダメって言ったよな」「お前がいるか聞いて写真も送ってもらったから証拠もあるぞ」「なんで男と話しているんだ」とLINEが入りました。

次に来たLINEが「いまさら男と話さなくなっても意味ないぞ」と。
私は「どういうこと」と返しました。

すると「今、見ているから」とLINEが。
彼がそばに近づいて来て、あり得ないと思いました。

(23歳/専業主婦)

まるで……

彼氏に内緒でクラスのみんなと遊んだところ、LINEで問い詰められた事件……。
立て続けに送られてくるLINEと実際に乗り込んできた彼に、まるでホラーのような恐怖感を覚えてしまいそうです……。

彼氏との思い出はもちろん、クラスの友人との思い出も大切なもの。
友人関係を壊そうとする彼なら、お別れした方がいいかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)