女性特有の生理の大変さ。
同じ女性同士でも、生理の悩みを相談することに抵抗感がある方もいるでしょう。

人によって生理の悩みもさまざまなこともあり、デリケートな話題でもありますよね。
今回は、読者から寄せられた「生理に関する感動した体験談」をご紹介します。

パニックに……


中学生のときの話です。
いきなり生理が始まってしまい、ナプキンを持ち歩いていなかったために「どうしよう……」とパニックになってしまいました。

仲のいい友人にナプキンを持っていないか聞いてみましたが、みんな持っておらず……。
すると友人がいろいろな子に聞いて回ってくれ、普段それほど交流のなかった子が「使って」と渡してくれました。

とても安心し、たくさんお礼を言った覚えがあります。
それ以降、ナプキンをつねに持ち歩くようになり、むしろ渡す側に。

今は生理のスケジュール管理アプリがあるため、急な生理の経験をすることはなくなりましたが、このようなときの女子の団結力とは強いものだと感じました。

(22歳/学生/女性)

ありがたい……

生理周期が安定していないと、急な生理に困ってしまうことも……。
ナプキンを持ち合わせていないときに生理が始まると、パニックになってしまうのも当然でしょう。

そのようなときに友人が力になってくれると、とても心強いですよね。
もしものときに備えることで、自分だけではなく、誰かが同じような思いをしたときに助けられるのかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)