気軽に送れるLINEは、今や無くてはならないコミュニケーションツールですよね。
しかし中には、相手の気持ちを無視した一方通行のLINEを送ってくる方もいるようで……。

今回は実際にあった“ゾッとしたLINEエピソード”をご紹介します!

好意を寄せてくれた同僚から……


会社を辞めるときに、送別会をしてもらいました。
メンバーの中には、かつて私のことを好きだと言ってくれたYくんもいました。

送別会の途中、Yくんからメールが。
見るとメッセージはなく、その場でビールを飲んでいる私の写真が……。

そのような写真が何枚も送られてきたのです。
怖すぎてYくんと目を合わせられませんでした……。

(45歳/主婦)

怖すぎる……

楽しいはずの送別会が、まさかの恐怖におびえる展開に……。
文章もなく、自分の隠し撮り写真が大量に送られてきたら恐怖でしかありませんよね。

気軽に送れるからこその言動なのかもしれませんが、送られた側の気持ちも考えてほしいもの。
恐怖を感じた際には、信頼できる人に相談し、一人で抱え込まないようにしましょう。

以上、“ゾッとするLINEエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)