気軽に送れるLINEは、今や無くてはならないコミュニケーションツールですよね。
しかし中には、相手の気持ちを無視した一方通行のLINEを送ってくる方もいるようで……。

今回は実際にあった“ゾッとしたLINEエピソード”をご紹介します!

既読無視をしたら……


とくに好意もなく、ただの友達だと思っていた男性がいます。
何度かご飯に行き、たわいもない話をしたりして、それなりに楽しく過ごしていました。

ある時、LINEのやりとりが面倒になってしまい既読無視をしたところ、「彼氏でもできたの?暇なのにLINEもしてくれないんだね!」とLINEが。
気持ち悪くなり、それ以降ブロックしました。

(26歳/フリーランス)

気が伏せる……

投稿者さんはその気がなかったものの、相手は好意を抱いていたのかもしれません。
既読無視をしただけで、「暇なのに……」などと言われると余計に返信する気が失せてしまいそう……。

相手がメッセージを読んだか確認できる既読機能は、ときにやりとりをするうえでストレスになるのかもしれません。
お互いがストレスを感じることなく、楽しくLINEのやりとりをしたいものですね。

以上、“ゾッとしたLINEエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)