就活では、決められたルールがいろいろとありますよね。
なかには、昔から変わらないルールも……。

時代とともに変わってほしいルールと、継続してほしいルールがありませんか?

今回は、読者から寄せられた「就活に関するモヤモヤ体験談」をご紹介します。

履歴書は……


就職活動をしていた10年ほど前の話です。
今はわかりませんが、当時は「履歴書は手書きで」という企業が多くありました。

理由は「文字に人となりが表れるから」というものでしたが、果たして企業側が、どこまで志望動機や自己PRをきちんと見てくれているのか疑問に思いました。
就職活動は何社も並行して応募するので、全て手書きだと履歴書を書くだけで膨大な時間が必要になります。

それにパソコンで作成したほうが、企業のかたも読みやすいのでは……。
いまだに理解できない慣例のひとつです。

(32歳/フリーランス/女性)

企業側の思いと就活する側の思い

パソコンで履歴書を作れば、履歴書にかかる時間を大幅に短縮できますよね。
しかし、企業側の判断材料の一つとして、文字から人となりを見たい気持ちもわかります。

企業側の思いと就活する側の思いがすれ違えば、モヤモヤすることも……。
皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)