女性特有の生理の大変さ。
人によって生理の悩みもさまざまなこともあり、デリケートな話題でもありますよね。
とくに思春期は、生理が恥ずかしいと思っていた人も多いのではないでしょうか?

今回は、読者から寄せられた「私の生理体験談!」をご紹介します。

知られたくなくて……


小学四年生のとき、同じクラスの子がクラスで初めて生理になりました。
まだほとんどの子が生理を経験していなかったので、クラス中が大騒ぎに……。

その子は泣き出し、急きょ授業が保健体育に変更になり、生理についてみんなで勉強することになりました。
私もこの子のように『みんなの前で生理になったらどうしよう……』と不安になりました。

その2年後に私も生理が始まったのですが、兄や父には絶対知られたくなくて、母に「誰にも言わんとってや」と固く口止めしたことを覚えています。
今思うと、あのときは何でそんなにも生理が恥ずかしいことと感じていたのか不思議です。

(41歳/専業主婦)

思春期はとくに……

泣き出した子は、体の変化プラスみんなに大騒ぎされたことで、ビックリしたのでしょう。
思春期はとくに、なんだか「生理」が恥ずかしいものに思えて、隠したい気持ちが強い人も多いのではないでしょうか?

大人になれば、当たり前に存在することなので、恥ずかしい気持ちはなくなるもの……。
これからは突然生理になっても慌てずにすむように、早いうちから生理に対する知識を身に着けていきたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?


※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)