1人でいることになれていても、友達がいることで心が明るくなることもありますよね。
とくに幼少期は、友達がきっかけで大きな変化をもたらすことも……。

今回は、読者から寄せられた「性格が変わった感動的な体験談」をご紹介します。

「遊ぼうぜ」のひと言がきっかけで……


小学生の時の話です。
私はいつも1人で過ごしていて、友達もいませんでした。

上級生と登校するという接点しか私にはなく、5年間をそんな感じで過ごしていました。
ある日、いつもとは違う通学路で帰っていた時、同じクラスの男の子2人が突然話しかけてきて「遊ぼうぜ」と一言。

私は遊びに誘われるのも声をかけられるのも初めてで、どうしたらよいか分からず、とりあえず「いいよ」と返しました。
近くの大きい公園で待ち合わせて、一緒に遊んでいました。

そこには男の子2人が誘ったと思われる友達がたくさんいて、私はその日から友達がたくさんでき、性格も明るくなっていきました。
その男の子達がいなかったら、今の私はいないのですごく感謝しています。

(23歳/専業主婦)

人生が変わった出来事に……

男の子2人に声をかけてもらったことで、人生が180度変わった投稿者さん。
もしかしたら投稿者さんの心の中の「変わりたい」という思いが、きっかけを作ったのかもしれません。

誰しも得意なことや苦手なことがあるでしょう。
苦手なことを克服するきっかけをくれたのなら、受け入れて行動するのもよいかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)