新婚旅行は、夫婦の一大イベントと捉えている方も多いでしょう。
二人で計画して、思い出に残る旅行にしたいもの。

しかし、新婚旅行でまさかの出来事が起こった方もいるようで……。
今回は実際にあった“新婚旅行の事件”をご紹介します!

異国の地で一人にされて……


パリで周遊バスに乗る予定だった私たち。
しかし、街の地図を持っていたもののバス停が分からず……。

バス停が分からぬままバスの乗車時間が迫り、その状況に夫がイライラしはじめました。
予定していた時刻のバスを「もう諦めよう」と言うと、「黙ってろ!」と激怒。

そう言うと一人でそそくさと歩きはじめ、私は夫を見失いはぐれてしまいました。
電話も通じず、とりあえず当初いた場所に戻ってしばらく待っていると夫の姿が……。

すると「バス停はこっちだった!」と、私をバス停まで連れて行ってくれました。
無事にバスには乗れましたが、異国の地で勝手に怒りだし、挙句の果てに妻を一人きりにするなんて……。

一瞬、離婚が頭をよぎりました。
(35歳/会社員)

信じられない……

旅行ではなにかと予想外のことが起こりがち。
見知らぬ地で、ましてや新婚旅行中にもかかわらず一人取り残されたら不安でたまらないはずでしょう。

予定通りに行かないことに苛立つ気持ちも分かりますが、そのようなときこそ二人で協力して乗り越えたいところ。
円満な夫婦生活を送るためにも、しっかりと二人で話し合える関係性を築いていきたいものですね。

以上、“新婚旅行の事件”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)