子育てをしていると悩みは尽きないもの。
公共の場での子どもの言動には、とりわけ気を遣うママさんも多いのではないでしょうか。

しかし見ず知らずの人からの思わぬ言葉は、ときに悩んでいる心を軽くすることもあるようで……。

今回は実際にあった“育児中に救われたエピソード”をご紹介します!

人懐っこい我が子を見て……


我が子はとても人懐っこい性格で、電車などで人に話しかけるのはもちろん、道を歩いている人にも大声で話しかけるタイプ。
そのため、「どうしたらいいのか……」と困っていました。

ある日、一緒にバスに乗っていたおじいさんに大きな声で話しかけたことがあります。
その時におじいさんから、「お母さんがしっかりとお話をしてあげているから、いろいろとお話ができるようになったんだね」と言ってくださりました。

おじいさんのひと言に心のモヤモヤがとれ、救われた気持ちになった出来事です。

(33歳/会社員/女性)

心が軽くなった……

悩んでいるとついマイナスな思考に陥りがち。
おじいさんからの言葉は、悩みをプラスに変えてくれるような素敵なひと言ですよね。

おじいさんのひと言で、心のモヤが取れた投稿者さん。
悩んでいる人の心に寄り添えるような、優しい気持ちを持ちたいものですね。

以上、“育児中に救われたエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)