新婚旅行は、夫婦の一大イベントと捉えている方も多いでしょう。
二人で計画して、思い出に残る旅行にしたいもの。

しかし、新婚旅行でまさかの出来事が起こった方もいるようで……。

今回は実際にあった“新婚旅行の事件”をご紹介します!

不安な予感……


新婚旅行に行くのが11月だった私たち。
暖かい季候の場所へ行こうと悩んだ結果、バリ島へ行くことになりました。

バリ島でもハイグレードのリゾートホテルを選び、ゆったりした四日間。
いつ見ても思い出に浸れるよう、滞在中はビデオカメラを肌身離さず持ち歩き、たくさん撮影していました。

最終日、帰りの支度をしてフロントへ向かっていたときのことです。
ビデオカメラをキャリーケースの上に置いたまま、旦那がキャリーケースを引きはじめました。

「落としてしまうのでは?」と不安な私に対し、旦那は「大丈夫だよ!」となぜか余裕発言。
そして歩き始めて数歩……。

私の予想通り、カメラを派手に落としました……。
ビデオカメラを起動すると、画面半分が真っ暗。

幸い録画は映りましたが、その後の夫婦の会話はゼロです。

(36歳/パート)

がっかり……

最終日にまさかの展開……。
たくさんの思い出が詰まったビデオカメラが、そのような状態になるとショックも大きかったはず。

録画が見れたのは幸いでしたが、夫婦間の雰囲気は最悪だったのだそう。
そうした出来事も、時が経って振り返ると笑えるエピソードになっているのかもしれませんね。

以上、“新婚旅行の事件エピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)