夫婦として、初めての思い出作りになったという人も多い、新婚旅行。
しかし中には、予期せぬ出来事で旅行を楽しめなかった人も多いようで……。

そこで今回は、実際にあった“新婚旅行エピソード”をご紹介します!

止めたのに……


新婚旅行でフランスに行きました。
せっかく海外に来たから、地元の人が行くようなお店に入ってみようということに。

ガイドブックに載っていないお店で食事することにしました。
フランス語で書かれたメニューを渡されましたが、もちろん読めないので、適当に注文しました。

出てきたメニューの中には生肉も。
お腹を壊したくないので、私は生肉に手を付けませんでした。

止めたのに生肉を完食した主人は、その夜一晩中トイレにこもることに。
新婚旅行で初日の夜から、ベットにひとりぼっち。

心配するふりをしつつも「やめたほうがよいと言ったのに、なぜ生肉を食べたんだー!」と内心はイライラ。
翌日以降も、腹痛で度々トイレにこもる夫。

まったく楽しくない新婚旅行となりました。

(41歳/主婦)

台無しに……

新婚旅行で生肉を食べて、お腹を壊してしまった夫……。
せっかく注文したのにもったいないという気持ちや、好奇心が勝ってしまったのかもしれません。

とはいえ、新婚旅行が台無しになってしまうなんて、残念な気持ちになってしまいそう……。

食事を残すことをオススメしているわけではありませんが、妻の忠告を受け入れて、慣れないものは無理して食べないようにしたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)