職場の人と業務連絡をする際にも使われるLINE。
ですが中には、仕事仲間にとんでもないメッセージを送っている人もいるようで……。

そこで今回は、実際にあった“衝撃的なLINEエピソード”をご紹介します!

教えていない住所……


当時のバイト先にいた、男性の先輩とのLINEです。
私の家で家具を組み立てるのに、プラスドライバーが必要になったときのこと。

バイト先のものを借りてもいいか先輩に連絡をしたところ、すぐに既読になりました。
そして「今から俺のドライバーを持っていくよ!」と、返信が。

次の日にバイトのシフトが入っていることと、家まで来てもらうのは嫌だったため、お断りしたのですが……。
それでも「今から行く!」というLINEがくるのです。

返信に困り、未読スルーしていました。
ですが、しばらくして「自転車のカゴに入れておいたよ!」とLINEが。

何が怖いというと、先輩に私の住所を教えたことがないのです。
怖くなってすぐにバイトを辞め、LINEもブロックしました。

(21歳/大学生)

まさか……

断ったのに、家まで届け物に来たバイト先の先輩……。
そのうえ、家の住所を教えたこともないのに、なぜ知っていたのでしょうか?

バイト先で住所を聞いた可能性もありますが、つけられていたのかもと感じてしまいそう……。
身の危険を感じて、すぐにバイトを辞めた投稿者さん。

自分の身を守るためには、迅速に決断したいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)