誰かに言いたいことがあっても、我慢してやり過ごしてしまう人は多いでしょう。
中には、注意されないのをよいことに、やりたい放題している人も……。

そこで今回は、実際にあった“迷惑行為を一喝したエピソード”をご紹介します!

クレームばかり言う人に……


飲食店で働いているのですが、いわゆるカスタマークレーマーがいるのです。
来店するたびに、いつも何かしらのクレームを言ってきます。

時には他のお客様にも絡むことも……。
お店の中の雰囲気も悪くなるので、困っていました。

ある日、その人がまたレジ前で文句を言っていて……。
ちょうどピークの忙しい時間で、後ろに会計待ちのお客様も並んでいました。

さすがにこれは、誰にとってもよくありません。
「お詫びしても、これ以上対応することはできません。他にもお待ちになっているお客様がいらっしゃいますので、影響妨害で警察を呼びますよ!」と、私は一喝したのです。

すると、その人は帰っていきました。

(52歳/パート/女性)

頼もしい……

毎回クレームをつけるお客さんに、きっぱりと対応した投稿者さん。
毅然とした態度が、周囲の人には頼もしく映ったかもしれませんね。

何か不満があってクレームを言うのだとしても、周囲の人に迷惑をかけるのは考えもの。
みんなが気持ちよく過ごせるよう、伝え方やタイミングには気をつけたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)