誰かに言いたいことがあっても、我慢してやり過ごしてしまう人は多いでしょう。
中には、注意されないのをよいことに、やりたい放題している人も……。

そこで今回は、実際にあった“迷惑行為を一喝したエピソード”をご紹介します!

駐車場の出口に……


以前、旦那と会計事務所に行ったときの話です。
そこはとても狭い場所に駐車場がある作りで、車を停めるのにひと苦労しました。

「帰りも出しづらいね」と話しながら駐車場へ向かうと、車の出口付近に作業車が停まってました。
しかも車中では、人がご飯を食べていたのです。

こんなときに、いつも文句を言うのは旦那なのですが……。
その日ばかりは、なぜか私が「そんなところに停めていたら車を出せないでしょ!どけてください!」と一喝。

呆気にとられていましたが、すぐにどいてくれました。

(33歳/パート/女性)

周囲をよく見て……

自分の車のすぐ付近に、作業車を停められていた出来事……。
ただでさえ狭い駐車場なのに出口を塞がれていたら、車を出せずに困ってしまいますね。

車中に人がいて、すぐに移動してくれただけよかったかもしれませんが……。
何かをするときは周囲をよく見て、迷惑にならないように考えてから行動したいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)